argument top image

組織は環境という外部性をどのように内部に取り込むべきか How should organizations internalize the externalities like environment? Show more Show less
Back to question

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(DHBR)2020年8月号の特集は『気候変動』。今まで組織の外の課題として扱われていた「環境」が、かなりの程度、組織の課題として見られるようになってきた。どうしてそうなったのか、現在の構図と対応策を今月号から読み解いてみたい。(参考ブログ:https://toshimitsuhara.wordpress.com/ )

環境を武器にしたプラットフォームの立ち上げも有効な策 Launching a platform armed with the environment is also a useful strategy Show more Show less

当号の『廃棄物削減には業界を超えた協働が欠かせない』では、ループという取り組みが注目に値する。これは一種のプラットフォームであり、このプラットフォーム上にP&G、ユニリーバ、マーズ、ネスレ、ペプシコ、コカ・コーラなど各社が乗っている。日本もイオンが関係しているらしい[p60]。プラットフォーム戦略と気候アクションは相性が良い。
< (4 of 4)

例えば、Appleがゼロエミッションどころかマイナスエミッションを実現して、アプリ提供企業の炭素税の一部負担に乗り出したとする。

すると、Appleは炭素税強化を働きかけることで、間接的にアンドロイド端末メーカー(大手は韓国と中国)を攻撃すると同時に、アプリ提供企業のiOS優先を確固たるものにしようとするだろう。そんな動きを予想させる行動が本稿には書かれていた。
< (1 of 2) Next argument >

The Argument

Counter arguments

Premises

Rejecting the premises

References

This page was last edited on Sunday, 26 Jul 2020 at 02:46 UTC

Explore related arguments