argument top image

リーダーという仕事は、オンラインで完結できるだろうか? Can the role of leader be completed online? Show more Show less
Back to question

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(DHBR)2020年7月号(以下、今月号)の特集は『リーダーという仕事』。コミュニケーションのあり方が変わろうとしている現状において、自分の関心は「リーダーという仕事は、オンラインで完結できるだろうか」にある。今月号を読みながら、この問いを考えてみたい。(ブログ:https://wp.me/p1ggRB-NO を参照)

信頼を勝ち取る必要がある Show more Show less

リーダーという仕事をオンラインで完結させるには、オンラインで信頼を勝ち取る必要がある。今月号の『リーダーの信頼を支える3つの力』では、リーダーシップを発揮する以前にあなた自身が信頼されなくてはならないと説く。本稿では「オーセンティシティ」「ロジック」そして「共感」の3つに要素を分類して説明している。
(1 of 3) Next position >

メンバーを思いやるための「共感」を示す必要がある

そして信頼に必要な「共感」について。これがオンラインでは難しい。相手から見て、自分か共感を示していることをどうやって確かめるか。共感の有無は言葉以上に非言語な振る舞いや目の動き・表情などによって伝わる部分が大きい。こういった要素を必要とする仕事こそ、人と人がチームを組んで何かを達成する際の醍醐味でもあったりする。しかし、フォロワーの「Be」はオンラインでは掴みにくい。代替手段として、フォロワーの「Do」から文脈を読み取るスキルが問われるようになりそう。オンラインにおいては「Have」すなわち成果だけを見れば良いとする論調も強いが、フォロワーの活動履歴や書き込んだコメントなどから、何に迷っているのか・苦労しているのかを読み取るスキルを磨く必要がありそう。そこに共感を示すことができれば「オンラインでもこの人は私を見てくれている」と思われるのではないか。我が身を振り返れば、面倒臭くてやっていないわけだが。
< (3 of 3) Next argument >

The Argument

Counter arguments

Premises

Rejecting the premises

References

This page was last edited on Sunday, 21 Jun 2020 at 12:52 UTC

Explore related arguments