argument top image

組織は環境という外部性をどのように内部に取り込むべきか How should organizations internalize the externalities like environment? Show more Show less
Back to question

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(DHBR)2020年8月号の特集は『気候変動』。今まで組織の外の課題として扱われていた「環境」が、かなりの程度、組織の課題として見られるようになってきた。どうしてそうなったのか、現在の構図と対応策を今月号から読み解いてみたい。(参考ブログ:https://toshimitsuhara.wordpress.com/ )

環境という外部性は「国や取引先の基準の遵守」という形で内部化される。 The externalities of the environment are internalized in the form of "compliance with national and supplier standards". Show more Show less

当号の『気候変動をイノベーションの機会に変える』を読んでみる。すると、気候変動に関するトピックが「べき論」から「ルール変更のきっかけ」に変わりつつあることが理解できる。新ルールに適応できなければ、取引が円滑に進まない可能性が少しずつ高まっている模様。環境に悪い製品の排除は着実に進んでいる。
(1 of 4) Next position >

ただし、本稿が提案するような、環境に優しい製品の優遇は「提案」している時点で未だ実現していないし、今後も進むとは思えない。

< (2 of 2) Next argument >

The Argument

Counter arguments

Premises

Rejecting the premises

References

This page was last edited on Sunday, 26 Jul 2020 at 02:42 UTC

Explore related arguments