argument top image

< Back to question Parliaに日本語対応をお願いするべきか Should Parlia make branch site of Japanese? Show more Show less

Wikipediaが各言語でサイトを分けているように、Parlia(パーリア)も日本語サイトを用意してもらえないか?また、地域による意見の相違はどのように扱うのが良いか?

サイト分ける必要はなく、現在のPariaの中で日本語で議論すれば良い Show more Show less

国際的な議論を活発にするためにも、サイト分けるのではなく、同じサイトの中でマルチランゲージ対応をする方が良い。
< (2 of 2)

新興サイトに無理な要求はしない方が良い。

強いて言えば、Style Guideなどが複数言語対応していると活性化されるとは思うが、まずは英語対応のみだと思って使うのが現実的だと思う。
< (1 of 2) Next argument >

Vote

Not sure yet? Read more before voting ↓

The Argument

Counter arguments

Premises

Rejecting the premises


References


    This page was last edited on Saturday, 9 May 2020 at 09:04 UTC

    Explore related arguments