argument top image

実験する文化の肝は何か? What is the most important to build a culture of experimentation? Show more Show less
Back to question

Harverd Business Review March–April 2020の特集は”Creating a Culture of Experimentation: Good tools aren’t enough. You need a total change in attitude.”となっており、つまりは文化を特集していた。この文脈から、実験する文化の肝を改めて問うことで、本質理解につなげたい。

知をつくる作法 Show more Show less

ハーバード・ビジネス・レビュー(DHBR)2020年6月号に掲載されている対談『いまこそ、知の作法を身に付けよ』でも、野中郁次郎先生と入山先生が知の創造メカニズムである「SECIモデル」と他の理論、特に「知の探索と知の深化」や「センスメーキング」と紐づけて話をされているのが興味深い。個人的には、この対談の中で出てきた「形式理論ではなく知をつくる作法を学ぶ必要がある」という一言が、この論点の答えのように思えてならない。
(2 of 4) Next position >

振り返りによって、先を読む

野中先生はこの対談で「振り返りによって、先を読むこと」を推奨している。この時、野中先生の説く知的コンバットは、敷衍というか、形式理論ではなく自らで理論を作っていく覚悟が求められる。
(1 of 2) Next argument >

The Argument

Counter arguments

Premises

Rejecting the premises

References

This page was last edited on Tuesday, 12 May 2020 at 12:40 UTC

Explore related arguments