Mapping the world's opinions

convo top image

Parliaに日本語対応をお願いするべきか Should Parlia make branch site of Japanese?

Wikipediaが各言語でサイトを分けているように、Parlia(パーリア)も日本語サイトを用意してもらえないか?また、地域による意見の相違はどのように扱うのが良いか?

日本語サイトを別に用意してほしい

言語によって思考のパターンは変わるため、日本語サイトを別で用意してほしい。

Wikipediaを見習ってはどうか

お手本としているWikipediaは言語別にサイトを分離している Explore

サイト分ける必要はなく、現在のPariaの中で日本語で議論すれば良い

国際的な議論を活発にするためにも、サイト分けるのではなく、同じサイトの中でマルチランゲージ対応をする方が良い。

新興サイトに無理な要求はしない方が良い。

強いて言えば、Style Guideなどが複数言語対応していると活性化されるとは思うが、まずは英語対応のみだと思って使うのが現実的だと思う。 Explore

今後翻訳機能がさらに向上すれば、言語の壁はなくなるだろう。

This page was last edited on Sunday, 14 Jun 2020 at 04:05 UTC