argument top image

< Back to question 組織は環境という外部性をどのように内部に取り込むべきか How should organizations internalize the externalities like environment? Show more Show less

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(DHBR)2020年8月号の特集は『気候変動』。今まで組織の外の課題として扱われていた「環境」が、かなりの程度、組織の課題として見られるようになってきた。どうしてそうなったのか、現在の構図と対応策を今月号から読み解いてみたい。(参考ブログ:https://toshimitsuhara.wordpress.com/ )

環境という外部性は「国や取引先の基準の遵守」という形で内部化される。 The externalities of the environment are internalized in the form of "compliance with national and supplier standards". Show more Show less

当号の『気候変動をイノベーションの機会に変える』を読んでみる。すると、気候変動に関するトピックが「べき論」から「ルール変更のきっかけ」に変わりつつあることが理解できる。新ルールに適応できなければ、取引が円滑に進まない可能性が少しずつ高まっている模様。環境に悪い製品の排除は着実に進んでいる。
(1 of 4) Next position >

取引条件に環境というハードルを追加するよう働き掛けることで、ついてこれない競合他社の競争優位を下げる

特にコスト優位で競争優位性を築いていた発展途上国の企業にはキツい動きだろう。「そこまで対応できない」という意見は、政治的に弱い立場の業界から却下されるのかも知れない。例えば日本では、CO2削減以上に石油加工製品の削減が先行している印象を受ける。声高に反論しづらい所がまた、政治との相性の良さを感じさせる。
(1 of 2) Next argument >

Vote

Not sure yet? Read more before voting ↓

The Argument

Counter arguments

Premises

Rejecting the premises


References


    This page was last edited on Sunday, 26 Jul 2020 at 02:38 UTC

    Explore related arguments